管理人の大好きな石たちがそっと繰り広げてくれる石のおとぎばなし。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さみしかったのね
hideさんが入院してからというもの、アパートには2日に一度ほど、
空気のいれかえや花の水遣りで帰るだけ。
あまりたくさんのものを実家に持っていくのもなんなので、
ダウンジング用の水晶ペンデュラム以外の石達は、お留守番をしてもらうことにしていた。

今日久々にアパートに戻り、何気なく石達を覗き込んだところ・・・。
なんだか空気がどんより。
石達の部屋は透明のふた付きBOX。
「しばらくふたを開けていなかったからかな?」
そんなことを思いながらフタを開けてみた。

大きい水晶くんだけは、元気だった。というか
周りのみんなを盛り上げようとして、唯一頑張っていた感じです。

一番恐ろしかったのは・・・。
前回も登場した、とても甘えん坊のアマゾナイトちゃん。
こっちが青ざめてしまいそうなくらいの落ち込み様。

「いきてますか?」
ついつい尋ねてしまいたくなるくらいだった。

何が違うかって?色が違うんですよ。輝きというか・・・。
例えばこのアマゾナイトちゃんでいえば、
普段は明るめのブルーグリーンそれが、グレーがかったグリーンに見えました。
思いこみかしら?まぁ、もっちにはそう映るのでそうしておきます(^^ゞ

とにかく、アマゾナイトちゃんを筆頭に、大きな水晶くん以外はみんなドヨーンとしていて、なんだかとても悲しげな雰囲気。

「あー・・・。放っておいてしまったなぁ。。。」
毎日、石達を眺めては自然と語りかけていたのに、
突然置いておかれたので寂しかったのでしょうね。
結局、実家まで石達を連れてやってきました。

機嫌治してくれるといいけどな・・・。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © A fairy tale and twinkle. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。